SA&RA ProX


1.概要
 SA&RA ProXは信頼性解析、統計解析、品質データ分析、サンプルサイズの設計などが行えるwindows上で動作する統合ソフトである。外部への提供を意識したものではないので使い勝手は市販ソフトには及ばないが、既に多くの実施例があり解析結果の妥当性は十分にあるものである。但し2項の機能(分析・解析アイテム)リストに示すように一般的なエンジニアが扱うデータ解析用であり、実験計画法を上回る高度な解析機能は保有していない。データファイルは(*.csv)形式で、「EXCEL」又はSA&RA ProX専用の「Editor for SA&RA ProX」で作成し、一旦保存後に各解析・分析アイテムに対応したウィンドウからデータファイルを読み込み、解析結果は一連の操作によりウィンドウ内のリストビューにテキストデータとして出力され、解析アイテムによってはグラフィックデータも出力される。解析結果はテキストデータとして(*.csv)形式で保存するか、又は画像データとしてクリップボードにコピー(マウス右クリック)できるので、解析結果を他のアプリ(wordなど)に転用できる。

2.機能
 エンジニアに必須の以下の機能を搭載しており、その内容については各解析アイテムのヘルプファイルを閲覧できるので参照されたい。これらのヘルプファイルには、データファイルの作成から解説結果を得るまでの一連の手順が示されており、各分析・解析アイテムのウィンドウから個別に呼び出せるようになっている。なおSA&RA ProXの概要では、「各解析・分析アイテムの手引き」において各アイテムを実施するために役立つ知識情報を纏めてあり、文献が無くても最低限の知識情報が得られるようになっている。

 機能(解析・分析アイテム)  ヘルプファイル
SA&RA ProXの概要  SA&RA ProXの概要
 データファイルの作成  Editor for SA&RA ProX
 統計数値表の計算  分布数値(確率・%点)
サンプルサイズ・検出力     サンプルサイズ
 検出力
母集団の推定・ヒストグラム  基本統計量・母集団の推定・ヒストグラム
仮説検定(連続データ)・分散分析  検定(連続データ)・単回帰(繰り返しなし)
 相関・単回帰分析(繰り返しあり/なし)
 分散分析(ANOVA1,2)
 線型性解析(ANOVA1)
品質管理     管理図・工程能力分析
 Run Chart
 パレート図
 ゲージR&R
信頼性解析  故障確率分布(分布シミュレーション)
 信頼性データ解析(数値/グラフィック)
 試験規模・宣言値・危険率(β)の推定
仮説検定(離散データ)  仮説検定(離散データ)
実験計画法   分散分析(#直交配列表)
 品質工学(SN比解析・静特性)

※ダウンロードしたchmファイルを開けない場合の処置方法
 chmファイルをWクリックし「セキュリティの警告」ダイアログボックスで、「このファイルを開く前に常に警告する」チェックボックスのチェックを外し[開く]をクリックする。

3.実際の解析例
3.1解析データ
 以下の信頼性データのB10ライフ及びFM信頼限界を推定するものとする。

3.2データファイルの作成
 前述したようにSA&RA ProXのデータファイルは、EXCEL又は専用のEditorで作成するのであるがここではEXCELを用いた作成例を示す。
 
 EXCELを用いて作成する場合はSA&RA ProXにデータ作成エリアを示す必要性があり、A1セルとB1セルにその指示値を入力する。A1セルの「3」は列数が3個であること、B1セルの「8」はデータ数が8個であることを示している。なお3行目(B3,C3,D3・・・)はデータ列を説明するための任意テキストデータを入力し、データエリアは4行目以降の各列となる。このデータフォーマットは全ての解析アイテムで統一されているので、他の解析アイテムの場合も同様に作成すればよい。なおデータは×102として桁が圧縮されている。作成したらこれを*.csv形式で保存する。
3.3SA&RA ProXの立ち上げ
 SA&RA ProXのフォルダ内にある「SA&RA ProX main」をWクリックすると、以下のメインウィンドウが立ち上がる。メインアイテムから[信頼性解析(グラフィック解析・試験規模)]を選択し、サブアイテムから[信頼性データ解析(数値/グラフィック)]を選択する。
 

 信頼性データ解析ウィンドウに切り替わるので、ファイル操作により保存したデータファイル(*.csv)を呼び込み解析条件(分布の仮定、区間推定、データの係数)を設定する。
 
 [解析]ボタンをクリックすると、不信頼度の計算結果と最尤法による母数の推定値がリストビューに出力される。
 
 メニュー操作から確率チャートプロットを呼び出すと信頼区間の設定ウィンドウに切り替わるので、信頼区間の推定方法を設定し[OK]ボタンをクリックするとグラフィック解析ウィンドウに切り替わる。
 
 不信頼度のプロット点と最小二乗法による回帰直線FM信頼限界の片側95%の下限ラインが出力され、それらより推定されるB10の点推定値とFM信頼限界における片側95%下限値がリストビューに出力される。
 
 メニュー操作によりリストビューに出力されたテキストデータを保存(*.csv)する。
 


体験版お申込み
 SA&RA ProXを体験したいと思われた方は、ホームページのメールアドレスよりお問い合わせ下さい。


HOME